トヨタ ノア ZWR80G 鈑金塗装修理

2016年1月17日

品川区のお客様に新型ノア ZWR80G の鈑金塗装修理をさせていただきました。

左クォーターパネルの鈑金塗装修理、左コーナーパネルの鈑金塗装修理、リヤバンパーカバー左サイドの鈑金塗装修理が今回の内容になります。

IMG_3281IMG_3280

画像を見てわかるようにクォーターパネルが3cm程内側に入ってしまってます。

早速リヤバンパーカバー、コーナーカバー、テールレンズ等を外して作業します。

鈑金は内装を外して内側からハンマー等で形を整えたり、外側にワッシャーを溶接して引っ張ったりとあの手この手で形成しました。

これだけ綺麗に整えてしまえばパテの使用量は最小で済みます。

なぜパテの使用量にこだわるかというと年数経過による劣化や痩せを防ぎたいのと、次同じところをぶつけてしまった場合に元のダメージが修復されていないのでどうしようもなくなってしまうからです。車をできるだけ元の状態に修復することはとても重要です。

IMG_3282IMG_3283

続いてサンドペーパーを使ってパテ研ぎをして最終的な形を整えます。

研ぎが終わったらサンドペーパーの研ぎ跡を消すのと防腐防錆の為にサフェーサーを入れます。

IMG_3285IMG_3286

塗装の写真は、、、、、撮り忘れました、、、、、

カラーナンバーはトヨタの1F7というシルバーです。この色は6色使用して色合わせをしていきます。

シルバーの色合わせは特に難しいです。0.1グラム単位で慎重に太陽の光が赤みを帯びない午前中に色合わせをします。

色もしっかり合ったので塗装磨き作業をして完成!!リヤバンパーカバーとコーナーパネルも同じように鈑金塗装しました。

IMG_3291IMG_3289

お客様にも喜んでいただき無事納車させていただきました。

ありがとうございました!

 

→簡単無料お見積りを試す